うつ病治療と家族の接し方

病院でうつ病治療はできますがそれと並行して、家族の協力も必要なのではないでしょうか?

うつ病治療と家族の接し方

自分の夫がうつ病を発症し、その夫との生活を描きベストセラーになった書籍があります。

それはドラマ化されたる映画にもなりました。

それだけうつ病は現代病のひとつになっているのではないでしょうか?。

実際に自分は発症していないけれど、病気の名前は知っているという人も多いでしょう。

うつ病は世代を問わず発症しますが、発症しやすいのは女性が男性よりも多く、男女とも40歳代の後半から60歳代にかけてピークがみられるのだそうです。

年代的にある程度責任をまかされたり、部下を管理、統率する地位についたり、家庭では子どものこと、親の介護など何かとストレスにさらされやす い世代といえるでしょう。

本格的に治療するなら、まずうつについて知り、

情報サイト:http://www.duranscustompainting.com/
クリニックへの通院、そしてそれと並行して家族の協力も必要なのではないでしょうか?

たとえば病気であることを理解する、励ましたり叱ったりしない、焦らないで気長にといった家族の接し方も、うつ病治療には大切なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加